紅葉スポット 徹底ガイド



京都の紅葉スポット

 

 

全国の紅葉スポットの中でも最も有名なのが「京都嵐山」です。四季折々の美しさを見せる京都屈指の名勝であり、特に桜と紅葉の美しさは素晴らしく、多くの観光客が訪れます。秋の嵐山を渡月橋から眺めると、鮮やかな色彩で覆いつくされ、水面のさざなみが加わり、より一層華やかな景観に思わず見とれてしまうでしょう。

 

 

「三千院」のある大原の里は、山間の盆地にあるために気温の寒暖の差が激しく、紅葉の色鮮やかさはには格別のものがあります。中でも、往生極楽院の優美な姿と紅葉との競演には、誰もが感動するものと思われます。苔の緑と深紅や黄色のモミジとのコントラストが実に美しいです。

 

 

「高雄山神護寺」は、紅葉が美しい真言密教の寺院です。タカオカエデと呼ばれるイロハモミジなど、樹齢500年以上の古木が多く残っています。京都市内では最も早く紅葉が楽しめ、秋にはたくさんの観光客で賑わいます。また、近くを流れる清滝川の川沿いの散策道も風情のあるたたずまいがあります。

 

 

「哲学の道」は、若王子神社から銀閣寺まで続く疏水沿いの散策路です。近代日本の代表的な哲学者である西田幾多郎や経済学者の河上肇などが歩き、思いにふけったことから名付けられたところです。竹林と紅葉のコントラストが美しく、疏水沿いはそぞろ歩きに最適です。

 

 

「京都御苑」は、京都御所を囲む約63haを整備した国民公園です。苑内には巨木が多く、秋は大イチョウなどが黄金色に色づき見事です。苑内の京都御所は春と秋に一般公開されます。